過払い金請求のスピード解決は、名古屋駅の弁護士にお任せ下さい

取引履歴を取り寄せて取引内容を確認しましょう!

「いつ借りて、いつ返したか忘れてしまいました」。

過払い金のことが気になりながらも、取引期間がわからないため、次の一歩を踏み出せない方も、多くいらっしゃるかと思います。

 

過払い金は、借り始めの時期が2007年(平成19年)以前であれば、発生する可能性があります。このため、取引の期間が非常に大事となります。

 

この取引の期間ですが、借りていた会社が分かれば、ご本人で直接相手方業者に連絡をして、取引の記録(「取引履歴」といいます。)を送ってもらうことができます。

 

取引の途中でも、取引が終わって完済済みでも、完済から10年以内であれば、相手方業者に記録が残っていると思いますので、まずは、以下の流れを参考に、取引履歴の取り寄せから始めてみてください!

 

1・借りていた会社に電話

まず、借りていた会社のコールセンターやインフォメーションデスクなどにお電話をします。

氏名、生年月日などをお伝えいただいて、本人確認が完了すれば、カードや書類などが残っていなくても大丈夫です。

「取引履歴を最初から最後まで全て送ってください」とおっしゃって頂ければ大丈夫です。

全ての取引の内容を把握する必要があるので、「最初から最後まで全ての取引の履歴」とおっしゃって頂くことがとても大事ですので、忘れないようにしてください。

 

なお、会社によっては、「何のために必要ですか」などと、取引履歴の開示の理由を尋ねてくる会社もあるかもしれません。

この場合は、「自分の取引の内容を確認したいから」とおっしゃって頂ければ大丈夫です。

「過払い金があるか知りたい」などと言ってしまうと、会社によっては、ご本人様にとっても不利な内容で話をまとめようとするような会社もありますので、過払い金のことについては言及しないで大丈夫です。

 

また、会社によっては、取引履歴の開示のために、開示申請書などの書類が必要な会社もあるかもしれません。

その場合は、キャッシングの取引について、利用(借り入れ)と支払(返済)が全てわかるように、チェックを入れて頂くなどして、開示を求めてください。

分からない場合は、コールセンターの人に聞いてもらえば大丈夫ですので、どうぞご安心ください。

2・取引履歴の開示

取引履歴を送ってもらうように頼んでから、実際に取引履歴が送られるまでの期間は、会社によって大きく異なります。

早い会社だと1週間くらいで、取引履歴を送ってきます。

一方で、遅い会社(カード会社が多いです)だと、開示の申し込みをしてから数か月かかる会社もあります

いずれにしましても、取引履歴が開示されましたら、そちらに取引の内容が書いてありますので、内容をご確認ください。

取引履歴には、大きく分けて、2つのパターンがあります。

1つは、取引の年月日と金額だけが書かれているシンプルなパターンと、適法な金利で計算をし直しているパターンの2つのパターンです。

適法な金利で計算をし直している場合には、取引の最後の残元金がマイナスになっていると、過払い金が発生している可能性が高いと思われますが、一概には言えません。

いずれにしましても、きちんと専門家にご相談頂くのがよろしいかと思います。

取引履歴の開示請求まとめ

以上のように、取引履歴は、ご本人様で簡単に取り寄せることができます。

取引の途中でも、完済済みの会社でも、解約済みの会社でも、いずれも開示を求めることができます

相手方の消費者金融やカード会社は、貸金業法という法律で、ご本人様から請求があった場合には、取引履歴を開示しないといけない義務がありますので、開示を拒むことはできません。

また、取引履歴の開示を求めても、例えばブラックリストに載ったりとか、カードが使えなくなるなどのリスク・デメリットは一切ございません

 

弁護士にご相談頂く際にも、取引履歴をお持ちいただくと、より具体的なアドバイスを差し上げることができます。

インターネットで色々調べて悩むよりも、まずはご本人様で取引履歴を取り寄せてみて頂くのが一番お勧めですので、まずは、取引履歴の取り寄せからスタートしてみてください。

片山総合法律事務所

〒450-0002

愛知県名古屋市中村区名駅3丁目25-9 第一堀内ビルディング2階

詳しい事務所概要を見る

片山総合法律事務所の外観

過払い金請求に強い弁護士

弁護士 片山木歩

(愛知県弁護士会所属)

 

弁護士紹介

過払い金請求・対応地域

  • 愛知県(名古屋市など)
  • 岐阜県(岐阜市など)
  • 三重県(津市など)
  • 静岡県(浜松市など)

過払い金無料相談のご予約

TEL:052-533-3555

受付:平日10:00~16:00

ネットからのご予約はこちら

 

※法律相談は完全予約制です。

休業日

土曜、日曜、祝日