過払い金請求のスピード解決は、名古屋駅の弁護士にお任せ下さい

シンキ(ノーローン)の過払い金

シンキは、もともと「ノーローン」というブランド名で、貸付を行っていた消費者金融です。

現在は、新生パーソナルローン株式会社という名前で、新生銀行グループのグループ会社となっています。

シンキ(ノーローン)も、2007年(平成19年)以前に契約した方の場合、もともとの金利が20%のいわゆる「グレーゾーン金利」で借りていた可能性があります。

2007年(平成19年)以前からシンキ(ノーローン)と取引が始まり、既に返し終わった方や現在も取引が続いている方は、利息制限法の制限利率で計算をし直すと、過払い金が発生していたり、現在残っている債務が減少する可能性があります。

このため、2007年(平成19年)以前から、シンキ(ノーローン)と取引がある方は、お早めに弁護士にご相談された方がよろしいかと思います。

シンキ(ノーローン)の過払い金請求の流れ

①シンキ(ノーローン)の取引履歴の取寄せ

シンキ(ノーローン)に過払い金を請求するためには、最初に、いついくら借りて、いついくら返したのか、これまでの取引の記録である「取引履歴」を取り寄せます。

弁護士にご依頼頂いた場合には、弁護士から「取引履歴」の取り寄せをかけます。

また、「取引履歴」は、ご本人でも取り寄せることができます。

もし弁護士への相談前に自分で取引の内容を確認したい場合には、まず、ご本人様で「取引履歴」を取り寄せてから、弁護士にご相談頂ければと思います。

②過払い金の金額を計算

シンキ(ノーローン)からは、取引履歴の開示請求をかけてから、だいたい1か月後くらいに、取引履歴が開示されます。

取引履歴が開示されたら、取引の内容を利息制限法の制限利率で計算をし直します。

この計算は、ご自身でやられると、入力ミスや計算ミスが起こりやすいので、計算の段階からは、弁護士にお任せした方がよろしいかと思います。

③シンキ(ノーローン)に過払い金の返還を請求

シンキ(ノーローン)の過払い金の計算が終わったら、シンキ(ノーローン)に対して過払い金を返すよう請求します。

シンキ(ノーローン)との取引で発生した過払い金の元金に、過払い金に対する利息もつけて返還するよう請求するのです。

④シンキ(ノーローン)と交渉・裁判

シンキ(ノーローン)に対しては、名古屋駅の弁護士・片山総合法律事務所の場合は、原則として、全ての件で裁判を起こしています。

裁判を起こさない段階の交渉だと、シンキ(ノーローン)側が、きちんと支払ってこない可能性が高いため、裁判を起こして、できるだけ多く回収するようにしているのです。

過払い金の交渉や裁判については、依頼する弁護士によって、大きくその結果が異なります。

過払い金請求に強い弁護士に最初から依頼するのが、シンキ(ノーローン)からスムーズに過払い金を回収する最大のポイントです。

⑤シンキ(ノーローン)から過払い金を回収

シンキ(ノーローン)との間で、過払い金の返還の話し合いがまとまれば、約束した日に、約束した金額を支払ってもらいます。

シンキ(ノーローン)との間で話し合いがまとまらず、過払い金の裁判の判決まで行った場合には、判決の内容に従って、過払い金を支払ってもらいます(最初の裁判所で判決まで行っても、過払い金の裁判が控訴審、上告審へと続く可能性もあります)。

片山総合法律事務所

〒450-0002

愛知県名古屋市中村区名駅3丁目25-9 第一堀内ビルディング2階

詳しい事務所概要を見る

片山総合法律事務所の外観

過払い金請求に強い弁護士

弁護士 片山木歩

(愛知県弁護士会所属)

 

弁護士紹介

過払い金請求・対応地域

  • 愛知県(名古屋市など)
  • 岐阜県(岐阜市など)
  • 三重県(津市など)
  • 静岡県(浜松市など)

過払い金無料相談のご予約

TEL:052-533-3555

受付:平日10:00~16:00

ネットからのご予約はこちら

 

※法律相談は完全予約制です。

休業日

土曜、日曜、祝日